​若 石 健 康 法

あしもみ

若石(じゃくせき)健康法  -あしもみ-

若石健康法の足もみの基本は

スポット(ツボ)ではなく

ゾーン(反射区)を

まんべんなくもみほぐすこと。

足をもむことで

全身の血液循環をよくし

血液をキレイにすることを

最大の目的としています。

あしもみは、

​紀元前2500年より続く健康法です。

WHO(世界保健機関)に認められた

[若石健康法]

リラクゼーションだけではない

「健康志向」の

​リフレクソロジーです。

若石健康法料金
◆あしもみ施術◆ 
70分          6,000 圓(税別)
 ●ハーブソルト足浴付
◆あしもみ教室◆ 
90分          4,000 圓(税別)
 ●あしもみ棒・クリーム・反射区図表付
◆八福踏板教室◆ 
90分          4,000 圓(税別)

※膝上まで出せる服装、又は着替えを御持参下さい。

※予約時間1時間前までに食事(間食含む)は済ませて下さい。
※生理中、妊娠中の御予約はお受けできません。

あしもみの注意点


食後1時間以内は避けてください。
(消化不良や吐き気、嘔吐を避ける為)

​◆
生理中・妊娠中はお控えください。

​◆
あしもみ後は
白湯(500ml)を飲んでください。
 慣れないうちは途中から飲み始めてください。
​(老廃物排泄の手助けとなります。)

 

.弱石健康法 あしもみ 足軽堂。
好転反応

足もみに取り組み始めたばかりの方に
體に変調が見られることがあります。
體の冷えや緊張がほぐれたためであったり
正常な免疫の反応であったり
原因はいろいろですが
いずれも一時的なもので
副作用はありません。


好転反応は
すべての人に起こるわけではありません。
​起こったとしても
その反応や度合いも人それぞれです。

好転反応の種類と要因

1 . 一時的に尿の色が濃くなったり
においが強くなったりする。

足をもんで血流が促進されることで
老廃物の処理が促されて
その排出量が増すことがあります。


場合によっては、尿の量が増したり
排尿の回数が多くなることもあります。

2. 眠くなる、あくびがでる

だるくなる、口が渇く、 のどが渇く。

血流が良くなり
代謝が良くなることや
自律神経の調整が行われることで
起こる反応です。

3. 反射区の痛みが強く感じるようになる。

敏感になる。

代謝が良くなり、むくみが取れて

反射区に力が入りやすくなると

敏感になることがあります。

また、長期間にわたり薬を服用されている方や

アルコールの摂取量が多い方は

神経の伝達機能の改善が見られた場合

反射区の痛みが

強くなったように感じることがあります。

4. 足首が腫れたり、静脈が浮き上がる。

蓄積された老廃物が動き始める際に

足首などの大きな関節を

乗り越えられずに起こります。

また、血行が良くなり血流量が増えると

施術直後に静脈が浮き上がることがあります。

5. 微熱が出る。

リンパの流れが悪い方は

施術後にリンパの機能が高まり

微熱が出ることもあります。

6. かゆみやしびれを感じる。

足をもむことで体温が上昇し

老廃物が動き出したときに

かゆみはおこります。

また、麻痺状態の方が

血流や神経の働きが正常化する事で

しびれが起こることがあります。

7. 青あざができる。(皮下出血)

特に血行が悪い方は

毛細血管の細胞がもろくなっています。

毛細血管は再生能力があり

老廃物を出し切ってしまえば

強い血管が再生されます。

好転反応は、一時的な反応です。

長期間続く場合や反応が極端で

どうしても心配な方は、施術者にご相談ください。

​また、重度の内臓疾患がある方や

医療機関で治療中の方は

必ずその旨を施術者に

事前告知してください。

3 大 特 長
若石健康法 .png
スクリーンショット 2020-02-01 10.07.46.png
若石健康法  .png

足裏は、心臓から一番離れた部位にあり、

しかも全身の体表面積のたったの 2 %で

全体重を支えている丈夫なところです。

外からの電気や熱の刺激も使わない

自然物理療法です。

特別な器具を必要とせず、

いつでも、どこでも誰にでも

簡単にできる健康法です。

足をもんだことによる反応は

部位や程度の違いはありますが

即座に起こります。

3 大 効 果

1 血液の循環を良くします。

 

足をもむと

全身の血行が良くなり

新陳代謝が促進されます。

2 各器官や臓器の働きを正常化します。

 

反射区の刺激により

対応する器官の働きが正常化し

各器官の働きが全体的に調節されます。

3 ホルモンのバランスを整えます。

 

ホルモン分泌に関連する器官の働きが

正常化し、全体のバランスが整います。

3 大 原 理

1. 反射原理 

反射区とそれに対応する

諸器官の働きには

相互に密接な関係があります。

  2. 循環原理 

全身の血流促進により

細胞に酸素と栄養が届き

老廃物も処理されます。

 3. 陰陽平衡原理

東洋医学でいう

陰と陽のバランスが整い

自然に調和した身体になります。