黄 土 薬 草 蒸 し

〜黄土薬草蒸し~ とは

漢方薬草の蒸気を

全身の皮膚や

肛門・性器の粘膜などから吸収させ

體 (からだ) を芯から温める

伝統的な民間温熱療法です。
 


アジアではその昔、

女性は「下湯」という漢方薬草の蒸気を

下腹部に当てることで

デリケートゾーンの浄化

体内の健康を保っていました。
 


顔や體に現われる悩みのほとんどが

下腹部に原因があると言われています。
シャワーを浴びるだけで

入浴を済ませてしまう方に

特有の悩みが多くなっています。
 

 


上質な黄土100%で作られた

座器より発する遠赤外線で

體の芯まで温めます。


黄土は粉子が細かく

多くの酵素が含まれ

解毒作用、浄化作用、自然殺菌力

優れています。
 

煎じる壺も黄土100%

一般的な壺より

80倍の効果がある

と言われています。
 


100%天然無農薬の漢方薬草26種類を
漢方医による独自のブレンド

美容用・婦人用・ダイエット用の

3種を御用意致しました。

 


香りも優しく

森林浴の100倍の

マイナスイオンも発生します。

 


※漢方医とは

韓国では国家公認 東洋医学の医師です。

黄土薬草蒸しの流れ

1.黄土座器の中で

   漢方薬草を煎じます。

2.常温の水をコップに

  1杯飲みます

3.下着など何も着けず

   マントを着用します。

4.お顔にスチームを

  当てると美肌効果

  アップ!!

5.スチームで脚を温めて

  血液循環がアップ!!

6.黄土座器に座り、

  スチームで体全体を

​  温めます。

黄 土 薬 草 蒸 し 料 金
​●30分コース
※着替えや水分補給を含めて、所要時間は1時間程です
​●月イチ
​(翌月来店時)
3,800 圓 (税別)
3,500 圓 (税別)
《回数券》   
5回券
10回券
​30回券
15,000 圓  (3,000圓/回)
28,000 圓  (2,800圓/回)
​75,000 圓  (2,500圓/回)
薬 草 基 材

よもぎ【蓬・艾】

学名          Artemisia princeps Pamp
科属名      キク科ヨモギ属
別名         餅草(モチグサ)
               繕草(ツクロイグサ)
               蓬蒿(ホウコウ)

 

 


=昔から使われてきた利用効果=


循環機能/肝機能/腎機能/利尿

健胃・消化促進/整腸/便通

下痢止め/鎮咳・去痰/冷え改善

風邪予防/止血/かゆみ止め

消炎/抗菌/口腔ケア/美肌/鎮痛/滋養強壮
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

古来より試し、確かめられ

(食、塗、貼、燻、蒸、浴)


「何にでもよく効く」と言われ

日本だけでなく世界各地でも
薬草として使われてきました。

 



海外では女性の出産に関する効能が

多く伝えられており
ヨモギ属の学名アルテミシアは、
ギリシャ神話の山野と月の女神

アルテミスに由来すると言われています。


生殖や出産を司る女神でもあります。
 

 


漢方では艾葉(ガイヨウ)と呼ばれ

病を止める万能薬と紹介されることもあり
下痢、婦人漏血などの治療に使われています。

 

 


芎帰膠艾湯(キュウキキョウガイトウ)は

痔の出血、子宮の不正出血、血尿などの

治療に使われています。

 


ヨーロッパでも薬用香草として

生理不順や不妊の治療

またリュウマチの緩和にも使われています。

 


近年の研究成果として

報告されているところでは

動脈硬化の改善が認められています。
 


解毒作用、美肌成分、栄養成分などに

優れていることから
「ハーブの女王」とも称されています。

よもぎ蒸し〈黄土漢方蒸し〉
よもぎ蒸し〈黄土漢方蒸し〉
よもぎ蒸し〈黄土漢方蒸し〉

あなたの平熱は何度ですか?
近年低体温の方が増えています。
それに伴い
未病 (なんとなく不調) の方が増えています。

 


体温を日常的に測っていますか?
妊娠を望まれる方や避妊を希望される方は
日々計測していると思いますが
多くの方は発熱しているのではないかと
確認の為にだけ

測っているのではないでしょうか。
 


どの家庭にもある体温計を
体調崩した時だけの使用では

勿体なさすぎます。


健康管理をする為に
是非とも毎日朝晩と

計測してみてください。
 

 


 

昔、使われていた水銀体温計 
37の数字は赤字で表記されていました。
何故赤字だったの?


多くの方は37度を超えると
発熱していると思い違いをしています。

 


細胞が元氣よく働き
免疫力が高い状態の体温は

36.5~37.3度と言われています。


37度の前後3分であることが

健康の指数なのです。
 

 

 


36.5度を下回る方
温活 (体温を上げる活動) をはじめましょう!